頭皮環境を良くする

病院の廊下

薄毛の原因は、頭皮の状態が悪くなることにあります。頭皮は、農作物にとっての土壌のようなものです。栄養分をたっぷりと含んだ柔らかい土壌でなければ、品質の良い農作物が育たないように、毛髪も栄養状態の良い柔らかい頭皮でなければ、しっかりと育たないのです。 そして、頭皮をそのような状態にすることができるのが、育毛剤です。育毛剤には、頭皮の血行不良を改善したり、毛穴を詰まらせる皮脂の分泌を抑えたりする成分が配合されています。血行が良くなれば、頭皮には血液によってたくさんの栄養分が運ばれてくることになりますし、毛穴が皮脂の塊でふさがれなければ、毛髪は成長しやすくなるのです。 さらに育毛剤には、毛髪の原料となるアミノ酸も配合されています。使用することで頭皮の状態が良くなり、さらに毛髪が多く作られるようになるため、薄毛は徐々に改善されていきます。

育毛剤を使用しても、有効成分が頭皮に浸透しなければ、育毛効果は出てきません。そのため育毛剤は、まずはシャンプーで頭皮をきれいに洗い流してから、使用する必要があります。汚れや余分な皮脂が除去された状態で使用すれば、有効成分がしっかりと浸透するようになるのです。 さらに、単に頭皮に塗るだけでなく、マッサージをしながら塗ることで、より一層浸透するようになります。そのマッサージも、頭皮の血行を促進するツボを中心におこなうことで、相乗効果が期待できるようになります。ツボは、頭頂部や側頭部の、特に出っ張っている部分にあります。指圧も有効ですが、頭皮マッサージ用のブラシを使用すれば、より効果的にツボを刺激することができます。